Webデザインや配色をサポートする新サービス「Croppy」をリリースしました

WordCamp KOBE で私の講演をご覧になった方はご存知かと思いますが、Webデザインや配色をサポートする新サービス Croppy(クロッピィ) をようやくリリースしました。

Croppy

Croppy にアクセスすると、このようなページが見れます。
色々なサイトのパーツが「ヘッダー」や「サイドバー」「ボタン」などカテゴリ毎に並んでおり、ブブンデザインアーカイブ のように見えるかもしれません。

しかし、Croppy は集められたパーツを見るだけではなく「今見ているWebページをブラウザ上で切り抜き、手軽にスクラップできる」のです。

Croppy

Twitter または Facebook アカウントで Croppy にログインしたあと、気になるデザインのサイトを見つけたときにブックマークレットをクリックするだけでこのような画面になり、Photoshop の切り抜きツールのような感覚で見ているページの一部を切り抜くことができます。

切り抜かれたパーツは、「ヘッダー」「サイドバー」「バナー」「ボタン」などカテゴリ別に分けられ、自分で切り抜いたものはもちろん、他の方がどんなものを切り抜いたかも見ることができます。

さらにWebデザイナー向けの機能として、以下の機能があります。

Croppy

切り抜かれたパーツに含まれる、トップ25色のカラーコードが分かる

Croppy

他の方が切り抜いたパーツをお気に入りに入れ、いつでも見返すことができる(ログインしているユーザーのみ)

C2

はてなブックマークやTwitterのコメントを収集して表示し、そのサイトをみんながどう思っているか分かる

Croppy

カラーコードを指定すると、外部サービスと連携して、おすすめの配色、類似色、その色を含む制作物などが見られる

フォローボタン

気になるユーザーをフォローし、その人が切り抜いたパーツの新着や一覧が見られる(ログインしているユーザーのみ)

今後も機能を拡充させ、「Croppy」のユーザーページを見ればその人のWebデザインの好みがわかるように、また多くのWebデザイナーやディレクター、発注者の方がデザインの補助ツールとして使えるように改良を続けていきます。

ぜひご利用いただければと思います。

■サービス概要
名称  : Croppy
URL   : http://croppy.org/
種類  : Webサービス
利用料金: 無料
ログイン: Twitter、Facebook認証(ログイン無しでも閲覧可)
開発言語: PHP(WordPressをベースに制作)
開発者 : なつき(Twitter @Stocker_jp)

Croppy はサイト全体を WordPress というCMS(このブログと同じコンテンツ管理システム)で制作しています。

If you like this article click the Facebook “Like” button to share it with your friends!