Macでのブログ執筆に役立つ、3つのアプリと周辺機器

私は普段 MacBook Air でブログを書いているのですが、ブログを快適に書くために使っているアプリや機能や周辺機器(?)をいくつかご紹介します。

MiniShadow

Mac でブログ書いてて便利だなーと思うところは、アプリのスクリーンショットが撮りやすいことです。
Windows だと PrintScreen でクリップボードに入れた後、Photoshop などに貼り付けて PNG で書きだして…という手間がかかりますが、command+shift+4+space を押して任意のウィンドウやダイアログをクリックするだけで、ドロップシャドウ付きで透過PNG形式でデスクトップに保存してくれます。

OS の機能だけでここまでできるのは便利なのですが、「ドロップシャドウが大きすぎる」のがちょっと難点。
ブログの限られた画面内ではウィンドウ内を大きく見せたいのですが、ドロップシャドウに大きな面積を取られてしまいます。

Spotlight で「グラブ」で検索してグラブというアプリを起動し、それでキャプチャすればドロップシャドウは全く付かないのですが、それはそれで Mac らしさがなくなってしまって物足りないです。

そこで便利なのがこの MiniShadow というアプリです。
アプリを起動し、「Drop image file(s) here」というエリアにスクリーンキャプチャ画像をドロップすると、ドロップシャドウを小さめにして別名保存してくれます。

ドロップシャドウは、None(無し)、Nano(小さめ)、Mini(やや小さめ)の3段階で調節可能。
ついでに画像を任意の % で縮小することも可能です。

Twitter で @DTP_Transit さんに教えて頂きました。

Mapture

指定したエリアをキャプチャし、キャプチャした画像を最前面に表示しておくアプリです。

例えば、特定のWebページやアプリ、写真などを見ながら記事を書きたい時、それらの画像を最前面に表示しておくことができればなにかと便利です。

Mapture を起動し、メニューバーのアイコンをクリックするか command+shift+M キーを押し、キャプチャしたいエリアをドラッグするだけで、指定されたエリアの画像が最前面に表示されます。

ブログ執筆時はもちろん、コーディングやデザインの時にも役立つと思います。

iProp

テック iPad&ノートパソコン(MacBookAir)用冷却&傾斜スタンド iProp

テック iPad&ノートパソコン(MacBookAir)用冷却&傾斜スタンド iProp

MacBook Air や iPad などの傾斜させるための小さな台のようなものです。
高さを2段階で調節できます。

これを使うと、一般のキーボードのようにキーボードやトラックパッド部分が傾斜するため、かなり文字が打ちやすくなります。
これを導入するまで、特に MacBook Air のキーボードが打ちづらいと感じたことはなかったのですが、ここまで打ちやすくなるとは思っていなかったのでちょっと感動しました。

値段が安く、小さくて軽い割にはなかなかしっかりと安定します。

Twitter で @Bamboo_C さんに教えて頂きました。

ClipMenu

クリップボード拡張アプリ。
過去20件のテキストや画像などクリップボードに入れたものを表示できます。

標準では、command+shift+V でカーソルのそばにクリップボードに入れたものの一覧が出てきますが、私は control+V に設定しています。

Mac でブログ書かれてる方は参考になりましたでしょうか。
他に便利なアプリなどご存じの方は、ぜひ @Stocker_jp まで教えて頂けると幸いです(*╹◡╹*)/

この記事は、コグレ・するぷのプロブロガー養成セミナー のワークショップで書きました。

If you like this article click the Facebook “Like” button to share it with your friends!