私が「Web制作にはMacが適している」と思う理由

先日iMac 2019のレビュー記事に「Web制作にMacが適していると思っている理由は別の記事に書きます」と書いたところ結構反応があったため、この記事にまとめることにしました。

Webデザイナー目線で見たiPad版Photoshopの驚きの完成度について

おそらく多くのWebデザイナーが待ち望んだであろうiPad版のPhotoshopがリリースされました。 私はiPad Pro 9.7インチモデルでさっそく使用してみたのですが、なかなか驚きの完成度だったのでどのようなアプ …

Affinity User Group JAPANミーティング2の内容まとめ

2019年9月に開催された「Affinity Designer」「Affinity Photo」「Affinity Publisher」の勉強会の内容のまとめです。 登壇内容の動画やスライドが中心です。 Affinity …

モダンなFireworks後継アプリは存在するか?

この記事は、DIST.28 「モダンWebデザインワークフロー2019」というWebデザインの勉強会のLTとして私がお話しした内容をまとめたものです。 私は1999年のFireworks 2Jから使用していますが、最近使 …

「スマートフォン時代のWebコーディングスクール」を渋谷で開催します

スマートフォン時代のWebコーディングスクール

「スマートフォン時代のWebコーディングスクール」は、これからWeb制作者になりたい方向けにスマートフォン対応のHTML・CSSコーディング手法やSass・JavaScriptの基礎などを全7回で学べる社会人向けのスクールです。

Affinity Designerを動画に活用、Sketch, Figmaとの使い分けなどイベントの登壇内容まとめ

この記事は、2019年7月に開催した「Affinity User Group JAPANミーティング #1」での大嶺 建さんと勝谷 元気さんの登壇内容の動画等をご紹介します。 Affinity Designerで簡単Yo …

Affinity Publisherを最強のプロトタイピングツールとして使うために知っておきたいこと

この記事では主に以下の内容について書いています。
・Affinity PublisherによってWebデザインのワークフローがどのように改善するのか
・「Affinityは軽い」と言われるが、軽いと何が良いのか
・おすすめの環境設定
・脱Adobeへの第一歩

Affinity製品を使用しているWeb制作者のインタビュー動画と最近のユーザーグループの活動について

Affinity User Group JAPANの活動として、Affinity製品を使用しているプロのWebデザイナーの方のインタビュー動画を撮影したのですが、その際撮影のお手伝いをさせていただきました。

「スマートフォン時代のWebデザインスクール」を東京・渋谷で土曜に開催します

スマートフォン時代のWebデザインスクール

「スマートフォン時代のWebデザインスクール」は、2019年8月から土曜開催!初回体験レッスンも開催します。

Adobe XDをはじめ、新しいWeb技術やデザインワークフロー、新しい端末などに対応するため、授業内容はリニューアルし新しい内容となっております。

PhotoshopとIllustratorのほぼ全機能を搭載したAdobe XD並みに軽いプロトタイピングツールが発売

ここ最近はたった1つのアプリでWebデザインを完結させるワークフローを実践していますが、とても快適なのでその方法についてこの記事で紹介したいと考えています。
このワークフローは現在WindowsおよびMacで実践可能です。今後iPadでもできるようになるはずです。

「CS6以降のアプリがいつでもすべて使える」という売り文句のAdobe CCが、事後報告すらなく過去のアプリが使えなくなった件

正直タイトルの時点でひどすぎると感じていますし、このような記事を書くのは本望ではないのですが、これを許してはいけない、受け入れるわけにはいかないという気持ちがどうしてもありますので記事を書くことにしました。

書いて覚えるSVG: 基礎編

この記事は、「HTMLを書いたことがある方」や「Illustratorを使用したことがある方」向けにSVGの書き方の初歩を解説しています。

写真素材の「ぱくたそ」にイタリアや熊本の写真を寄贈しました

写真素材のぱくたそに、イタリアや熊本の写真を寄贈しました。
既に公開されていますので、よろしければご利用ください。

SVGの最適な書き出しのためにやった方が良いこと、やらない方が良いこと

SVGは、Illustratorで制作する図形のようなベクトルグラフィック形式の一種です。そのためベクトルグラフィックを制作する際に一般的に気をつけなければいけないことは、SVGにも当てはまります。
この記事では、Illustrator CCを使用してSVGを書き出す際にやった方が良いこと、やらない方が良いことについてまとめています。

Photoshop、Illustrator、XD、Sketch…結局どれを使ってWebデザインすればいいの?

Webデザイン制作で使用するアプリは多様化しており、これからWeb制作をはじめたい方にはどれを選べば良いか分かりにくいかもしれません。
この記事では、Photoshop、Illustrator、XD、Sketchに絞り、それらのアプリケーションの特徴についてまとめています。

「世界一わかりやすいIllustrator & Photoshop & XD Webデザインの教科書」という本を書きました

この書籍は完全所初心者ではなく、PhotoshopやIllustratorをある程度使える方向けの本となっております。
「Webデザインスクールや他の入門書などで基本操作はわかったけれどさらにステップアップしたい方」、「普段Web制作をしているが最近のAdobe CCの新機能をキャッチアップできていない方」などに良いのではと思います。

ペンツールで曲線を描くときに知っておきたい、たった1つのこと

Illustratorで何かを制作したいという方にとって最初の関門は、おそらくペンツールで曲線を描くことではないでしょうか。
ペンツールの動作はお世辞にも直感的とは言えず初めて使う方は戸惑うことが多いと思います。
しかし、たった一つのことを頭に入れて作業するだけで、初めての方でもある程度自分が描きたい曲線が描けるようになると思います。

スマートフォンサイトコーディング講座を開催します

PC用のHTML・CSSは書ける方向けに、スマートフォン・タブレット・PCなど様々なデバイスで閲覧できる「レスポンシブWebデザイン」を実際に作ることで身につける講座です。 意味がよくわからないままコピペで済ませるのでは …

Photoshopでぼかした色の境界が暗くなる時の対処法

Photoshopで画像を制作している時、ぼかした色の境界が暗くなったり濁った色や不自然な色になってしまうことがあります。 また、他の方が制作したデータでカラー設定を合わせているはずなのに境界部分の色が変わってしまうとい …

WordやPowerPoint、画像文字からデザインしなければいけない時は

クライアントから頂いたデータがWordやPowerPoint形式だった、あるいはテキストだと思って頂いたデータが画像文字だったということは残念ながらあるかもしれません。
この記事では、どうすればWordやPowerPoint形式のデータから画像を取り出したり、画像文字をテキストに変換できるかということについて書いています。

iPhone XでWebページを見るとどんな挙動になるか

iPhone Xではディスプレイの形がこれまでのように長方形ではなく、複雑な形になりました。
そこため、アプリやWebページの表示がどうなるのか気になっている方も多いと思います。
Xcode 9のiOSシミュレーターでiPhone Xのシミュレーションができるようになったため、早速いろいろなWebページをiPhone X・iOS 11のSafariで見てみたところ、いくつか思わぬ発見もあったのでまとめたいと思います。

Web制作で気になることのアンケート結果(2017年版)

Web制作で以前から気になっていたことについて、Twitter の投票機能でアンケートを取ってみました。
アンケートの実施期間は2017年1月〜8月です。

スマートフォン時代のWebデザインスクールとコーディングスクールを開催して

今年から開催した「スマートフォン時代のWebコーディングスクール」は昨年まで開催していたWebデザインスクールから完全に内容をリニューアルしたのですが、約1年かけて資料を準備した甲斐があったと思えるリニューアルでした。

Web制作のためにMacBookを買うならどれが良いか

「Webデザインスクールに通うために(あるいはWeb制作を始めるにあたって)MacBook の購入を検討しています。MacBook、MacBook Air、MacBook Pro のどれを買えば良いですか?」といった質問をよくいただくため、一般的な回答を記事として公開することにしました。

100円の画用紙とデスクライトでブログ写真用撮影ボックスを作る方法

ブログやSNSにアップする写真を綺麗に撮りたい時に、画用紙で撮影ボックスを作っておくととても便利です。
この記事では、作り方と撮影方法を詳しく書いています。

Sass、Retinaディスプレイ、Sketchなどのアンケート結果

Web制作で以前から気になっていたことについて、Twitter の投票機能でアンケートを取ってみました。
アンケートの実施期間は2016年6月〜7月です。

Adobe Illustrator CC 2015.3の新機能まとめ

Adobe Illustrator CC はマイナーアップデートでしたが、Web制作者にとっては嬉しい機能も追加されたため紹介します。

DOCTYPE宣言、IE対応、デザインカンプの解像度などのアンケート結果

DOCTYPE宣言はHTML5かXHTMLか、IEはどのバージョンまでサポートするか、RetinaディスプレイのPhotoshopでカンバスサイズはどうしているかなど、Web制作で気になっていたことをアンケートで調べてみました。

Illustrator代替アプリAffinity Designerをセールで買ってみたけどいい感じ

Adobe Illustrator の代替アプリとして知られる Affinity Designer というMac用アプリが半額セールで ¥3,000になっていたので購入してみました。
しばらく使った感じ、なかなかよい感触だったので、使ってみて良いと感じたところと良くないと感じたところ、気づいたことなどまとめてみました。

WebデザイナーのためのAdobe CC 2015の新機能と不具合まとめ

Photoshop、Illustrator、DreamweaverなどのCC 2015版の新機能と不具合を、Web制作者目線でまとめています。

ブログのスマートフォン対応の際に考えたこと

遅ればせながら、2014年8月にこのブログのスマートフォン対応を行いました。
この記事では、その際に考えたことや工夫したことなどをまとめています。

「PhotoshopでWebデザインするときの悩み」にスクーの生放送で答えます

普段PhotoshopでWebデザイン制作をされている方でも、意外とできないことがあって悩んでいたり、効率のよいやり方がわからず困っていることがあるかもしれません。

この授業では、事前に「PhotoshopでWebデザイン制作するときの悩み」を投稿していただき、スクーの授業にて、その解決方法を実際の操作を交えながら生放送でお話しします。

2014年8月の、これだけは押さえておきたいWeb関連の動き

「Web系の最新情報を知りたいけど、日々業務が忙しくて追いかけられない」という方のために、1ヶ月のWeb系ニュースの中で「これだけは押さえておきたい」というものを1つの記事にまとめています。

2014年7月の、これだけは押さえておきたいWeb関連の動き

「Web系の最新情報を知りたいけど、日々業務が忙しくて追いかけられない」という方のために、1ヶ月のWeb系ニュースの中で「これだけは押さえておきたい」というものを1つの記事にまとめています。

GoogleとAdobeのフォントNoto Sans(Source Han Sans)の画期的なところ

2014年7月16日に、Google と Adobe がリリースした Noto Sansというオープンソースのフォントファミリーは「日本のWebデザイン史上に残る画期的なフォント」だと思ったので記事にしました。