.psd(Photoshopデータ)が崩れる/テキストがピクセルに変換される

.psdを開くとテキストレイヤーがラスタライズされる(ピクセルレイヤーになってしまう)場合があるのは、Adobeがテキストレイヤーに関する仕様を公開していない(互換アプリを作られないようにするため)です。

PSDをAffinityで開くときは

なるべくテキストレイヤーをテキストのまま開きたい場合、[環境設定>一般>忠実度よりも編集可能テキストを優先する]にチェックを入れてから開きます。

それでもダメな場合は、Adobe XDで.psdを開き、テキストレイヤーをコピーしAffinity Designerにペーストすれば、よほど複雑なもの以外は開く事ができます。Adobe XD単体はAdobe CC契約なしでも利用可能です。

AffinityからPSDを書き出すときは

[ファイル>書き出し…]で表示されるダイアログで[PSD(編集可能性を維持)]を選択してください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください