コーディングを楽にするためのPHP関数と、Macか判別する関数

このブログをリニューアルするにあたって、コーディングを楽にするためにブラウザごとにCSSのclassを分けるPHP関数と、Macか判別する関数が必要になったので書きました。
よろしければご活用ください。

ブラウザごとにclassを分けるPHP関数

皆さん、特定のブラウザだけ微妙にズレが生じるときって、どうやって対応されてますか?
私はCSSのハックは使いたくないので、普段はIEの条件分岐コメントで対応していました。

先日、このブログをHTML5でリニューアルするときに HTML5ロゴのページ のソースを参考にしたのですが、DOCTYPE宣言の直下にこういうふうに書かれていました。

HTML

1
2
3
4
<!--[if lt IE 7 ]> <html lang="en" class="ie6 ielt8"> <![endif]--> 
<!--[if IE 7 ]>    <html lang="en" class="ie7 ielt8"> <![endif]--> 
<!--[if IE 8 ]>    <html lang="en" class="ie8"> <![endif]--> 
<!--[if (gte IE 9)|!(IE)]><!--> <html lang="en"> <!--<![endif]-->

なるほど、IE6だと ie6 と ielt8 が、IE7だと ie7 と ielt8 が、IE8だと ie8 と ielt8 が追加されるので、例えばIE6だけwidthがおかしい場合は

CSS

1
2
3
4
5
6
7
8
9
/* 全てのブラウザ用 */
.hoge {
	width: 300px;
	height: 100px;
}
/* IE6用(おかしい箇所の差分だけ書けば良い) */
.ie6 .hoge {
	width: 280px;
}

って感じで書けば良いのですね。
IE6〜8に適用したい場合は

CSS

1
2
3
4
/* IE6〜8用(おかしい箇所の差分だけ書けば良い) */
.ielt8 .hoge {
	width: 280px;
}

ただ、これだとIEだけの為にHTMLソースがごちゃついてしまうのと、このブログをリニューアルしている時にFirefoxだけ2pxずれる箇所があった(ChromeやIE8ではずれない)のと、iPhoneやAndroidで多少ずれる箇所があったのでブラウザごとにclassを分けるPHP関数を書きました。

PHP

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
<?php
// ブラウザ判別
function browser_class() {
 
	// ブラウザの種類を取得
	$ua = getenv('HTTP_USER_AGENT');
 
	// 取得した種類によって判別
	switch (true) {
		case (preg_match('/MSIE 6/', $ua)):
			echo 'ie ie6';
			break;
		case (preg_match('/MSIE 7/', $ua)):
			echo 'ie ie7';
			break;
		case (preg_match('/MSIE 8/', $ua)):
			echo 'ie ie8';
			break;
		case (preg_match('/MSIE 9/', $ua)):
			echo 'ie9';
			break;
		case (preg_match('/Firefox/', $ua)):
			echo 'fx';
			break;
		case (preg_match('/iPhone|iPad/', $ua)):
			echo 'ip';
			break;
		case (preg_match('/Android/', $ua)):
			echo 'an';
			break;
		case (preg_match('/Chrome/', $ua)):
			echo 'ch';
			break;
		case (preg_match('/Safari/', $ua)):
			echo 'sa';
			break;
 
	}
 
}

WordPressだったらこれをテーマの functions.php に書き、それ以外のサイトであればこの関数が書かれたPHPファイルを include して

PHP

1
<html dir="ltr" lang="ja" class="<?php browser_class() ?>">

としてあげればいいですね。
IE6〜8に適用するclassは .ielt8 ではちょっと長いので、単に .ie としました。
これさえあれば、IE6〜8の対応もだいぶ楽になりそうですね。
まあ、このブログはIE6・7には対応しませんが…

Macか判別する関数

あと、このブログでMacの場合だけ読み込ませたいJavaScriptがあったので、Macかどうかを判別する関数を作りました。
MacかWindowsかどうかでダウンロードファイルを分ける場合にも使えそうですね。

PHP

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
<?php
// Macか判別
function is_mac() {
 
	// UAを取得
	$ua = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
 
	// UAに Macintosh が含まれるか
	if (preg_match('/Macintosh/', $ua)) {
 
		return true;
 
	} else {
 
		return false;
 
	}
 
}

使用する際は

PHP

1
2
3
4
5
<?php if ( is_mac() ) { ?>
	<p>Macの場合</p>
<?php } else { ?>
	<p>Mac以外(Windows・Linux・iPhone・Androidなど)の場合</p>
<?php } ?>

という感じです。

If you like this article click the Facebook “Like” button to share it with your friends!