WordPressを使用している方へ: PHP 5系のサポートは2018年末で終わります

この記事は、まだまだPHP 5系でWordPressを使用している方が多いため注意喚起として書きました。

先日Twitterでアンケートをとったのですが、PHP 5系が2018年末でサポート終了するということはあまり知られていないようです。

※ここで言うサポート終了というのは電話サポートのような意味ではなく、「セキュリティアップデートがなくなる」ということです。
たとえば、2014年にWindows XPのサポートが終了した時のように、今後使用し続けるのが大変危険であるということを指しています。

それぞれのバージョンごとのサポート期限について

PHP公式サイトには以下のようなグラフがあります。
赤い破線が記事を執筆した日を表しています。

サポートされているPHPのバージョン
PHP: Supported Versions より

このグラフによると、PHP 5.6は2018年末にサポートが終了します。
つまりこの記事が公開されてから一週間後にはサポートが終了するということです。
なお、PHP 7.0は既にサポートが終了しています。

現在使用しているPHPのバージョンが分からない場合は

多くのレンタルサーバーはサポートページや管理画面などにPHPのバージョンが書かれているはずです。

日本の代表的なレンタルサーバーについて調べたところ、多くのレンタルサーバーはPHPのバージョンは自動アップデートはせず、サーバーを使用しはじめた時期のバージョンを維持する設定になっているようです。

現在使用しているPHPのバージョンが分からない場合は、以下の内容のファイルを作り、ファイル名と拡張子を test.php にしてレンタルサーバーにアップロードし、Webブラウザでアクセスします。

するとPHPに関する情報ページが表示され、その中にバージョンが書かれています。

<?php
phpinfo();

※バージョンを確認したあとは test.php ファイルを削除しましょう。

PHPのバージョンを切り替える

レンタルサーバーによっては管理画面からPHPのバージョンを切り替えることができる場合があります。その場合はPHP 7.2など、なるべく新しいバージョンに変えた方が良いでしょう。

特にWordPressを使用している場合、PHP 7系に変えられないレンタルサーバーは今すぐ使用をやめ、ほかのサーバーに移転した方が良いでしょう。

ちなみに、WordPress公式サイトでは以下の環境を推奨しています。
(この環境でなければいけないというわけではありませんが、この環境が望ましいということです)

  • PHP バージョン 7.2 以上。
  • MySQL バージョン 5.6 以上、または MariaDB バージョン 10.0 以上。
  • HTTPS 対応

日本語 « 要件 — WordPress より

PHP 5系がサポートされ続けるサーバーもある…が

Linuxに詳しい方であれば、PHP 5系が延長サポートされるサーバーもあるということをご存知かと思います。

たとえばRHEL (Red Hat Enterprise Linux) の場合、PHP 5.xに独自にパッチを当てているため、OSのサポート期限まではサポートされます。

参考: PHPのリリース日とサポート期限 – Qiita

しかし、多くのレンタルサーバーでは、PHP 5系の使用は「非推奨」とされています。
私は、特にWordPressを使用している場合はPHP 7系にアップデートすべきと考えています。

なぜかと言うと、WordPressプラグインの中には最近のアップデートでPHP 7系の書き方でプログラムが書き直されており、PHP5系では動作しなくなったものが複数あるからです。

WordPressプラグインのレビューを読んでいると「アップデートしたらPHP 5.3で動かなくなったのでダウングレードしました」などというものがありますが、WordPressプラグインをアップデートせずに古いバージョンを使用し続けることは大変危険 です。

WordPressで作られたブログやWebサイトが乗っ取られる原因の多くはプラグインのバージョンが古く、脆弱性を放置していたことにあります。

PHPのバージョンに合わせてWordPressプラグインを古いまま放置するのではなく、PHPをアップデートしてWordPressプラグインもアップデートすべきです。

というわけで、ご使用のレンタルサーバーがPHP 5系の延長サポート受けられるかどうかにかかわらず、少なくともWordPressを使用する場合はPHP 7系に切り替えるべきであると考えています。

If you like this article click the Facebook “Like” button to share it with your friends!